トリキュラー21

トリキュラー21/安全な低用量ピルの正しい使用方法など

トリキュラ21の詳細

 

国内でも人気のトリキュラーを詳しくご説明しています。

 

トリキュラーは自然なホルモン分泌パターンと同じ比率で薬中のホルモンの総含有量を低く抑えた三相性の低用量ピル。

 

トリキュラーは排卵を抑え、子宮内膜変化により受精卵の着床を抑え、頸管粘膜変化により精子の通過を防ぎ避妊効果が確実な低容量ピルです。

 

トリキュラーは健康のために確実に避妊できる限界までホルモン量を下げています。他のピルに比べ副作用が少ないことで有名な低用量ピルです。

 

トリキュラーは、三相ピルですので、飲み間違いが出来ません。

 

ピルには1相と3層ピルがあります。

 

1相性ピルは、21錠のホルモン配合比が全部同じものです。
3相性ピルは、ホルモン成分を3段階に変化させたものです。

 

3相の方は、自然な体のホルモンバランスに合わせているので体に優しいという事と、全体としてホルモンの量が少なくてすみますので副作用も少ないです。
ですが、違うホルモン量のピルが3種類入っていますので、飲み間違いが出来ません。

 

1相は、全て同じ量のホルモンが入った薬ですので、飲み間違えても問題ありません。また何かのとき(旅行・試験)に生理を遅らせるのには1相が便利です。

 

どちらのピルがいいかというのは一概に言えません。やはり飲んでみないと個人差があり合う合わないが出てきますので、両方試してみて自分に合った方を選ぶことが最良です。

 

トリキュラーや他の一相のピルや三相のピルを詳しく知りたい

 

トリキュラー21とトリキュラー28とは?

 

トリキュラーには。21錠タイプと28錠タイプがあります。

 

ピルはご存知のとおり21日間飲んで、7日間休薬をして、8日目からまた21日間飲むの繰り返しで、28日間が1サイクルとなっています。
この間に生理(消退出血)があります。

 

トリキュラー21には、21錠のピルが入っていますので、1シート飲んだら、7日お休みして8日目からまた21錠の新しいシートを飲み始めます。

 

トリキュラーの28には、7錠の何の効果もない偽薬(プラセボ)が入っていて、この7日間の休薬中はそれを飲みます。

 

トリキュラー21

 

人は7日間も経つと、前のことは忘れてしまう場合があります、28錠タイプでは、常に切れ目無くピルを毎日飲んでいますので、飲み忘れがないというメリットがあります。

 

ですが、7錠多い分、大きくなりますので、持ち運びには21錠に比べて不便になります。
また、人によっては、この偽薬(プラセボ)を何の効果も無いのに飲みたくないと考える人もいます。

 

21でも28でも、どちらのピルを飲んでも実薬が21錠であることにかわりがありません。28錠タイプは休薬中に偽薬(プラセボ)を飲むだけのことで、どちらも効果は全く同じです。

 

ちなみに、偽薬(プラセボ)は飲み忘れても効果に影響はありませんが、毎日ピルを飲んでいるので普段から7日間休薬すると言う習慣が付きません。
効果に影響が無くても飲んでいないと幾日経ったのかよく分からなくなってしまいます。

 

でも忘れ症で、トリキュラー28がいい

 

トリキュラー28の詳細をご覧ください

 

ネットでピルの個人輸入

 

日本では、薬はある一定量までは、個人輸入をしてもいいことになっています。

 

医薬品等の個人輸入に関して

 

実際は個人輸入は複雑な事務処理が必要ですので、個人ではできませんから輸入代行業者に任せて、こちらからはネットでそこに注文を出せばいいだけになっています。

 

とても便利なシステムですが、いろいろと問題もあります。

 

 

注意が必要です。

 

個人輸入を代行してくれる会社には、東南アジアかどこかで偽者の薬を作らせて、平気で本物ですと販売している業者がたくさんいます。

 

日本に個人輸入されている薬の80%が偽者だったなどの検査結果も出ています。ネットで見て安いからとすぐに購入するのは絶対止めてください。

 

飲み薬ですので、場合によっては体を壊すこともありえます。

 

上記の様に、悪い人たちも大勢いますので値段が安いなどの理由でいい加減に購入しますと、危険です。

 

安心できるショップから購入するようにしましょう。見分け方の一つとして、クレジットカードが使用できるかどうかなんかも基準になります。
怪しいショップでは、クレジット会社の審査が通りませんので、クレジットが使用できません。

 

トリキュラー21のご紹介

 

簡単にトリキュラー21の値段などご紹介いたします。

 

購入するときに、個数が多いと値引きが多くなります。お友達と一緒に購入などして、なるべく安く購入できるようにしましょう!

 

【トリキュラー x 21錠 x 1箱】⇒⇒ 3516円
【トリキュラー x 21錠 x 3箱】⇒⇒ 4342円 (1箱 1,447円!)
【トリキュラー x 21錠 x 7箱】⇒⇒ 5640円 (1箱 683円!)
【トリキュラー 1年分(21錠 x 12箱)】⇒⇒ 7764円(1箱 647円)

トリキュラー 1年パック(21錠 x 12箱)

】⇒⇒ 7764円


1年パックが1番人気です。!

 

日本人のピルの認識

 

世界でのピルの使用率はオランダで60%、イギリスで72%。欧米で70〜80%以上の女性がピルを使用しています。

 

日本でのピルの使用率はなんと3%以下とかなりのピル後進国です。

 

日本人の間ではまだピルに対する偏見が多く存在していて、ピルは悪い薬という感覚があります。

 

ピルを飲むと、性が氾濫する。また性病が蔓延するなどピルが日本で発売されるときには、大きな反対がありました。

 

その反対に押されて、日本では最初ピルを処方するのに、事前検査を義務つける通達が国より出され、ピルを処方してもらうなんて考える女性は全くいませんでした。

 

世界の状況から、日本でももっとピルを普及させたほうが良いという世論が起きて、
2006年2月1日、社団法人日本産婦人科学会の「低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン」が改訂されて、問診と血圧測定のみでピルを処方してもいいことになったのです。

 

 

ですが、その後の対応は病院によってまちまちで、簡単な検査で終わるところもあれば、濃厚な検査をしないとピルを処方してくれないとこもあります。

 

ピルを日本で医者に処方してもらうには、高額が金額を払わないといけない医者もたくさん存在します。

 

またそのような医者で行う検査は、女性にとっては恥ずかしい思いをしなければいけない検査なども含まれていて、ピルを医者の経営のためのいい儲けの手段だと考えているようです。

 

こんな状況ですので、いまだにピルを使用している女性はごくわすかしかいません。

 

ピルには避妊のほかにも、女性にとってとてもいいメリットがたくさんあります。もう世界で安全性は十分に試されていますので、積極的にピルを使用していきましょう。

 

日本で医者に処方してもらうには、まだかなりのお金が掛かりますので、ネットを上手に使用しましょう!。

 

トリキュラーやピルに対しての詳しい情報はこちらを参照して下さい。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ